米を料理する人々

とてもにょろにょろした毎日なので
なぜか2010年を振り返ってみようと思います


 センター失敗した
 二次試験頑張った
 東京の大学に通い始めた
 案外理系の授業も楽しかった

 演劇始めた
 舞台美術難しかった
 でもやればやるほど楽しかった
 見栄とかいろいろ捨てた
 身軽になった

 役者に手だした

 衣装君に助けられた
 やたら頭の回転がはやくて恐かった
 大好きだけど決してこの人には追いつけないと思う

 舞監ちゃんと仲良くなった
 この子無しでは、忙しい毎日を決して乗り越えられなかったはず
 来年から違うキャンパスだと考えるだけで辛過ぎて泣く

 映像と写真の趣味が増えた

 身体を動かすのが楽しくなった

 総合大学はいろんなひとに出会えた
 社会学を志して大学に入ったけれど
 他の学問も面白そうで迷った
 とりあえず首突っ込みまくった
 素敵な友達が増えた
 
 憲法の授業が楽しかった
 
 図書館が幸せな場所だった

 観劇に行くたびに頭がぐちゃぐちゃになって楽しかった
 観るのも聴くのも読むのと同じくらい大切だと分かった

 クリスマスは街に繰り出してみんなでげらげら笑ってた
 
 部室でご飯食べたりした

 電車乗り継いでいろんなところに行った


 東京がそこそこ好きになった

  




このブログも相当適当になったものだ

昔はきちんと書こうという努力をしていたのに
最近一日のうちに考えることが多すぎて
しかもどんどん内側に向いていくから

ブログなんていうパブリックな場所でどうこうできなくなってきてしまった





それでも書くもんは書き続けてやるぜ




2011年も、毎日できるかぎりのことをして、楽しく生きていこ
[PR]
by deli-imokenpi | 2011-01-02 18:29 | 日常雑感
<< 女子! 実家である >>