右向け右!
今日は公演の楽日。

そろそろわたしの舞台監督のお仕事もおわりです

真っ黒い格好で舞台裏介錯をしているわけですが
まずもって黒すぎて 居ることに気づいてもらえない…ああ

コンタクトにして前髪を分けて後ろ髪も結わえているので
久々あったOBさんには一瞬「誰?」という顔をされ
久々あった同期に手を振ったら会釈されました 

うう




わたしの力不足が露呈しまくりな数ヶ月間だったわけですが
わたし以前に新人を、公演を参加者を振り回した作演にも責任はあるんじゃないのかなあ


わたしの能力が作演についていけなかった、と言われればそれまでだとは思うけれど
ただでさえ初舞台の1年生が多いというのに大幅な脚本改訂を繰り返し
しかもそれが必然性のある変更というよりは思いつきや勢いで
期限を設けても設けても「ちゃんとやるから」と押し切られる形

音響、照明、舞台、衣装、すべてが噛み合った仕事をしてほしいといわれたから
できるだけそうしたスタッフがまとまっていけるようにしたかったのに
そんなに改訂を繰り返されて、直前期までばたばたされて、
どんどん余裕がなくなっていく中でどうやって噛み合い続けろというの…?
自分で自分の首絞めてるんですよ?

挙句制作もわけのわからないことを言い出すし



ええ これは言い訳です。全て言い訳です。


たとえ本番脚本があがったのが本番2週間を切ったころであっても
そこからスタッフをまとめ、その脚本の方向性に合わせて修正し、
本番のクオリティを保てるようにすればいいだけの話です。

見に来てくださるお客様には、こんな内輪のごたごたは一切関係ない。
そんなものを含めてお金を払ったりなんかしていない。


でもね、
公演参加者の多くにもうそんな余力が無いのはわかっていたんです。
分かっていたならもっとはやく切ってしまえばよかったかもしれない。
そのほうが、バラバラのまま作演の意思だけが突き抜けていることは無かったんじゃ…
そうすれば、全体的な底上げにはなったんじゃ…
と、思ったりする。

決して脚本がつまらないなんてことはなかったんだから
一度決めた方向性を、もっと深めて…という具合でやっていってほしかった。



わたしは新人公演で新人にマイナスになる辛い思いをさせたくないんです
新人たちにはもっとプラスになる苦労のしかたをさせてあげたかったんです。

初舞台で何をどうしたらいいかもわからない時期に
作演のやや偏った好みだけで構成されたこてこての芝居をつけられて
心も身体もすっかり疲弊させられて。

この芝居が終わったあとのことを作演は考えているんですかね?

結局、最初に思った通りわたしたちは作演が好き放題やるための駒だったんですかね。



疲れているなら仕方ないです、と言ったけれど
作演・制作・舞監の話し合いで「自分からとくに言うことは無い」といって帰宅するのとか
実際ものすっっっごく無責任だと思う。

あなたがごちゃごちゃとひっかきまわしたせいでこんな状況に追い込まれたのに
まるで自分が制作・舞監の小競り合いに巻き込まれたかのような顔をする

メンタル弱いしすぐに機嫌悪くなるしそれを隠そうともしないし


それをなだめすかしておだてて笑えないギャグに愛想笑いして機嫌とって
こんなことをやるために何ヶ月もの時間をつぎこんだわけじゃない




愚痴です。言い訳です。一番お客様に見せてはいけない部分です。


でも 心底疲れました。疲れました。

一緒に仕事したくないと思うことはあっても
人間として嫌いになることなんてまずなかった
嫌いになるのはとても体力がいることだし、なにも良いものを生まないから

でも これで嫌いにならずにいろというのは無理です 

打ち上げで工具持ち出して殴らないように気を付けます
[PR]
# by deli-imokenpi | 2011-09-04 06:45 | サークる
かゆいくらいです。

ご無沙汰です

便りが無いのは良い便り
頼りが無いのは願い下げ


9月あたまに、所属している学生劇団の新人公演が本番を迎えます。

舞台監督と舞台美術をやっています。

学外の劇場を借りてやる初めての公演なので、
なんだかもう分からないことだらけでぴよぴよしています。


演出の機嫌が悪くても、役者が疲労困憊でも、
舞台作業の進みが悪くても、助舞監の体調が悪くても、わたしは元気ににこにこしている

そういう小さなことが、かなり大きい



あと1週間。
[PR]
# by deli-imokenpi | 2011-08-25 23:58 | サークる
切り売りいたしましょう

バイト先で“鬼軍曹”と言われる厳しい先輩は、
呆れてものも言えないようなミスをしでかした人に
「お前死刑な!」「はいはいクビクビ」などと爽やかにおっしゃるファニーガイ



A君 「あれー、お釣りお釣り」
鬼  「お、どうした」
A君 「いや、お釣りが表になくて…追加料金5円で払ってこられちゃったんですよ」
鬼  「ご縁がありますようにってか。…つまんねえよ!お前死刑な!



いやいやいやちょっと待てよ



そんな具合の職場ではありますが

気の小さい笹井さん、で通しているため今のところ死刑宣告はうけておりません





7月末の6連勤から無事開放され、8月1日から帰省いたしまっす
[PR]
# by deli-imokenpi | 2011-07-31 23:03 | 日常雑感
今日も今日も



妥協案、中間点、融通の利く選択・・・ 
ほんとにもういい加減にしなさい

ひとりで決めていい問題じゃないとしても、自分で決めなきゃいけない話なのだから


と叱られるのだろうなぁと思うので、まずは自分で叱っておこうかな


このっ いい加減にしろっ 意気地なしっ ばーかばーか






…とかなんとか思わせぶりなことを書いてみてるわけですが要するに、
[PR]
# by deli-imokenpi | 2011-07-17 09:04 | 大学生活
まきまき


暑くてもずくが美味しいです

おやつに、夜食に、大学にもっていって部室の冷蔵庫に…



バイト先も夏の新メニューを始めたし、
街中も露出の多いおねえさん方が増えたし
カレンダーも7月にかわったし(我が家のカレンダーはまだ2月です)

いよいよ夏が堂々とし始めやがりましたね

なんかもう液状化しそう どろどろ




人生20回目の夏、東京2回目の夏、地震後最初の夏、事故から8回目の夏



扇風機欲しい…
[PR]
# by deli-imokenpi | 2011-07-02 11:22 | 日常雑感
ラーメン下車


しっかりしよう、と思うと全身に力をいれてしまいがちですが

そういうことじゃないのが分かりました



体の力は適度に抜いて
起こった出来事にするっと反応できる自然体でいつつ
一定の集中力は途切れさせずにいる

言葉にしにくいんだけど、肩の力の抜き方がわかってきたというか



元々はお芝居の基礎中の基礎として指導して頂いたことなのですが

自分が普段いかに「やってやる!」と力み過ぎだったのか
お芝居以外の部分まで含めて実感して

肩凝りがとれたような、背骨を取り替えたような、そんな気分

すっきり。




いつもこんがらがってるだけのやる気をきちんと解いて並べて整えて
またお会いするときには、もっといろんなお話をするんだ、うん。
[PR]
# by deli-imokenpi | 2011-06-26 11:38 | 日常雑感
よじげん


東日本大震災から3ヶ月

そりゃ わたしの髪も伸びますね

実家は「大規模半壊」ということで
大学の今季の授業料は全額免除になりました

その分、もっと勉強しなくちゃならない気がする


今日の14:46はきっと稽古中だろうな




姿勢と歩き方の指導を受け続けて
なんだかやたらと姿勢が良くなってきました

あれ、背のびた? って言われる

いくつになってもかわろうとおもえばかわれるものです




今日も稽古してバイトして勉強して寝る
[PR]
# by deli-imokenpi | 2011-06-11 10:17 | 日常雑感